薄毛対策のために効果のある育毛剤の選び方

育毛剤の種類

育毛剤と一口に言っても、配合されている成分や作用は違います。薄毛対策のために育毛剤を取り入れる時は、自分に合ったものを選ぶことが大切です。

男性ホルモンの分泌過剰による薄毛は「男性ホルモンを抑制するタイプ」の育毛剤がおススメです。また、喫煙や飲酒の習慣があったり運動をする機会が少なかったりする方におススメなのが「頭皮の血行を促進するタイプ」の育毛剤です。食生活の乱れによる薄毛には「頭皮や毛根に栄養を与えてくれるタイプ」の育毛剤を、頭皮の皮脂が気になる方は「頭皮の皮脂を抑制したり汚れや老廃物を除去したりすることができるタイプ」の育毛剤を、髪の毛が細く元気がなくなってきている時は「毛母細胞を活性化させるタイプ」の育毛剤がおすすめです。
育毛剤選びの参考に⇒男性用おすすめ育毛剤

育毛剤・養毛剤・発毛剤の違い

髪の毛が抜けてしまうのを予防してくれるのが「育毛剤」です。医薬部外品に分類されています。そして、髪の毛の成長を促してくれるための栄養補給を目的としているのが「養毛剤」で、養毛剤は化粧品に分類されています。また髪の毛を生やすのが目的で医薬品に分類されているのが「発毛剤」です。

薄毛対策といったら育毛剤というイメージが強い方も多いのではないでしょうか。確かに、間違っているわけではないのですが、上記のようにそれぞれ目的や用途は異なります。成分も作用も当然のことながら違ってきますので、なぜ自分が薄毛になってしまったのかその原因をしっかりと見極め、適したものを手に取ることが大切です。

自分の頭皮の状態が判断材料に

効果が高いと言われている育毛剤も数多くありますが、必ずしも自分自身にも合うとは限りません。もちろん情報を得るということは大切ですが、ほとんどは使ってみなければわからないというのが現状にはあります。自分に合うか合わないか、これは自分の頭皮と相談するのが一番なのです。かといって、お財布のことを考えれば、気になるものを端から試すというのも難しいところもあります。ですから、それぞれの育毛剤の情報を比較し「これなら効果がありそうかも」というものをいくつかに絞ることが大切です。

また、自分の頭皮に合うものが見つかったからと言ってすぐに効果が実感できるとも限りません。育毛剤の効果はすぐに実感できるようなものではなく、継続してはじめて効果が実感できるものでもあります。一週間や二週間、1ヶ月で効果が現れないからと言って使用を中止してしまうのはお金を捨てているのと変わりません。継続して続けられる育毛剤を手に取ることが大切です。