薄毛の予防に効果的なシャンプーに使用されている成分とは

薄毛の予防に効果的といわれるシャンプーは市販のものだけでも数えきれないぐらいたくさんの種類があります。そこで、数ある種類のなかで、どんなシャンプーが薄毛予防に良いのか、逆にどんなシャンプーが髪に悪いのかを見ていきましょう。

薄毛予防の基本は頭皮ケア
薄毛予防に関心があるなら、ふだん使っているシャンプーを見直してみましょう。薄毛予防の基本は頭皮環境の改善ですが、それを担うのが毎日使うシャンプーです。シャンプーの種類が変われば、それだけで頭皮の環境も変化します。ですから、薄毛予防に効果的なシャンプーを選べば、頭皮の皮脂や乾燥といったトラブルを防ぎ、育毛にもつながっていくのです。

育毛シャンプーとは?
薄毛予防のシャンプーといえば、育毛シャンプーやスカルプシャンプーという名前の商品を思い浮かべる人が多いですが、これらがどんなシャンプーなのかちゃんと知っている人は少ないようです。なかには育毛剤との違いもわかっていない人もいるようですが、最初に誤解を解いておきたいこととしては、育毛シャンプーには育毛剤のような髪の毛を生やす効果は期待できないということです。あくまでもシャンプーなので、メインの目的は洗髪です。ただ、洗髪といっても髪の毛だけでなく、それの土壌である頭皮をも含みます。市販のシャンプーの多くは、髪の汚れを効果的に落とすために刺激が強い成分が含まれていますが、あまり頭皮に刺激を与えると頭皮環境が悪化してしまいます。育毛シャンプーは頭皮のことまで考えて作られているので、刺激性の強い成分は使用されていません。

シャンプーの種類
シャンプーに使用される洗浄成分を大きく分けると、アルコール系、石鹸系、アミノ酸系の3つがあります。前二者は洗浄力や皮脂を落とす力が強いのですが、強すぎて頭皮に必要な皮脂まで落としてしまい、頭皮が乾燥しやすくなります。育毛シャンプーと呼ばれるものはアミノ酸系の成分が使用されています。これは洗浄力は適度に保ったまま、必要な水分を頭皮に与える効果もあります。つまり、薄毛を予防したいなら、シャンプーをアミノ酸系のものに変えるだけで効果が期待できるということです。