薄毛対策におすすめのサプリの成分

酵素の働きを助ける亜鉛

亜鉛は、体の中でいろいろな酵素の働きに関わっている成分の一つです。また、亜鉛はタンパク質を作るのに欠かせないミネラルの一つとなっていて、髪の毛はケラチンというたんぱく質をもとにして作られているので、亜鉛が含まれているサプリメントは薄毛対策に効果が期待できます。髪の毛を健やかに保つという意味でも、亜鉛は欠かせません。しかしながら、亜鉛というのはストレスだったりお酒だったり、ちょっとしたことやもので消費されてしまうという弱点があります。ですから、現代人には不足しがちと言われている栄養素の一つにもなっています。さらに、ビタミンB群の仲間であるビオチンという成分もアミノ酸の代謝をサポートしている酵素を補う酵素としての働きを担っているので、髪の毛を作るという点から見るととても重要な成分であると言えます。また、髪の毛の主成分であるタンパク質、ビタミンB6やパントテン酸、ビタミンCなども薄毛対策に積極的に取りたい栄養素となっています。薄毛対策のためにサプリメントを取り入れるのであれば、これらの成分に注目して商品を選ぶようにするといいでしょう。

まずは薄毛の原因を知ることから

男性ホルモンが酸化し「ジヒドロテストステロン」という物質が出来上がることで薄毛になると考えられています。つまり、この男性ホルモンの酸化を防ぐことができれば薄毛対策にもつながるということになります。酸化を防ぐには抗酸化物質を積極的に取り入れることが大切です。抗酸化物質として代表的な成分というのが、ビタミンAやC、Eといったビタミン類をはじめ、緑黄色野菜に多く含まれているβカロチン、ポリフェノール、また近年注目されているアルファリポ酸などです。確かに、食べ物から摂りづらい成分もありますので、そのような時は上手にサプリメントを活用したいところですが、やはり一番なのは食事からなるべく摂るようにするということなので、食生活を見直すことも忘れてはいけません。

継続して活用することが大切

サプリメントは薬ではありません。ですから、効果が現れるとしても緩やかですし時間がかかることもあります。薄毛対策にいいサプリメントに限った事ではありませんが、最低でも3ヶ月は継続してサプリメントを活用していきましょう。サプリメントを継続させていくためには成分はもちろんですが、価格にも注目し、手に取りやすく続けやすいものを選ぶことが大切です。