薄毛・抜け毛を予防するためのシャンプーのやり方

薄毛や抜け毛を防ぐにはシャンプーのやり方に注意してください。間違った方法でシャンプーすると、かえって髪の成長を妨げることもあります。

シャンプー前の準備
髪の長い人の場合、まず、髪を濡らす前にブラシでよくとかしておきましょう。もつれた髪のままシャンプーをすると、無理な力が髪に加わって抜けやすくなります。また、シャンプー液を髪に付ける前に、お湯でしっかり髪を濡らします。髪が乾いた状態でシャンプー液を付けると、髪の毛の内部に入り込んだシャンプーの成分が、洗い終わった後から滲み出してきて頭皮を傷めてしまいます。また、お湯だけでも髪や頭皮の汚れの大部分は落ちるので、あらかじめお湯でたっぷり濡らしておけば、刺激の強いシャンプーの成分に髪や頭皮をさらす時間が少なくなり、薄毛・抜け毛の予防になります。

シャンプー液を付けて洗うとき
髪や頭皮に容器から直接シャンプー液を出さないようにしましょう。手やネットに液を取り、そこで十分に泡立ててから髪に付けると、洗髪時間が短くて済みます。不必要に長くシャンプーで洗うと、その成分が髪や頭皮にダメージを与えることにもなります。また、洗うときの基本は指の腹で優しくマッサージすることです。爪を立ててゴシゴシこするのはNGです。頭皮を傷つけるばかりか、皮脂の分泌を活性化させてしまいます。シャンプーの洗浄成分は強力なので、手で汚れをこすり落とすような意識でゴシゴシやらなくても、汚れは十分に落ちます。シャンプーの時間は1分以内を目安にしてください。薄毛や抜け毛が気になる方ならもっと短くてもかまいません。

すすぎにはたっぷり時間をかける
直接シャンプーで洗う時間は1分以内にすべきですが、すすぎには逆にたっぷり時間をかけてください。シャンプーに1分かけたのなら、すすぎには1分から2分ぐらいはかけるべきです。シャンプーの洗い残しがあるとフケ・かゆみ・抜け毛の原因になります。育毛シャンプーを使っている場合でも、必要な量の成分はすでに髪と頭皮に沁み込んでいるので、すすぎにはたっぷり時間をかけて、髪や頭皮の表面にすすぎ残しのないようにしましょう。