市販されているシャンプーで薄毛を予防

シャンプーの仕方で薄毛になることも

年齢的に(30代)薄毛になるのはちょっと早いと思っていましたが、何となく髪が薄くなってきたような気がして、何が原因なのかを調べてみたらシャンプーの仕方でも薄毛になることがわかりました。ゴシゴシと力任せに爪を立てて洗い頭皮に傷をつけてしまったり、すすぎ残しがあったりすると薄毛になってしまうのです。いくら市販で薄毛に効果的なシャンプーを使ったとしても、シャンプー方法が間違っていてはいけませんよね。私もシャンプーの仕方を見直し、現在も薄毛予防に取り組んでいます。

正しいシャンプー方法は

今まで自分のシャンプー方法は間違っていないと思っている人が多いと思いますが、結構間違っている人がいるようです。正しいシャンプー法は、まず髪をブラッシングして髪のもつれを取っておきます。そしてぬるま湯で頭皮と髪をマッサージしながらよく洗います。ここでやっとシャンプーを使います。シャンプーは手のひらに取ったら手のひらでよく泡立て、泡を髪につけて洗います。シャンプーをしっかり洗い流すなら、3分から5分くらい時間をかけて洗い流すと良いです。

薄毛予防は市販のシャンプーでOK

薄毛に悩んでシャンプーを買い替えようかと考えている人もいるようですが、市販の比較的安いものでも、シャンプーの仕方を変えてみると薄毛予防にはなると言われています。指の腹で優しく頭皮をマッサージするようにして、頭皮環境を整えるようにしましょう。私自身も、シャンプーの方法を変え、頭皮をマッサージするように心がけるようにしたら血行が良くなったのか、薄毛があまり気にならなくなってきました。後はストレスを溜めないとか、睡眠時間をしっかり取るというような生活習慣の見直しもしました。やはりストレスや不規則な生活は頭皮環境も悪くなってしまうので良くないのです。シャンプーは育毛シャンプーの方が良いでしょうが、そうでないものでも大丈夫です。ただ、洗浄力が強いものは避けた方が良いです。